FC2ブログ

田上本町 朝霧台のブログ

朝霧台のイベント情報やお店などを紹介していきます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

いつまでも一緒に

結婚式のときに神父さんの前で言う誓いの言葉

健やかなるときも、病めるときも、
喜びのときも、悲しみのときも、
富めるときも、貧しいときも、
これを愛し、これを敬い、これ を慰め、これを助け、
その命ある限り、真心を尽くすことを誓います

結婚してから死ぬまで夫婦として添い遂げる
確かそんなようなコミットメント(お約束)しましたね。


先日、主人が風邪でダウンしちゃいました。

単なる風邪ですが
看病する方は色々と気を使うものです。
布団は寒くないかな?
汗はかいてないかな?
喉が渇いてないかな?
何が食べたいかな?
様子を伺いに部屋をのぞきに行きます。
2~3日で治る病気とわかっているからこそできる行為でもあります。

私はこの間、何を考えたかというと
「もし私が病気で倒れたら、主人は私を看病してくれるのだろうか?」
たぶん無理。期待できない諦め。
プラス
看病の間は、自分のペースで何もできない。
そのことへのストレス。
何より邪魔臭いものです。(社会的には公言できませんが)

快復してきたとき
「ママのお陰で元気になれたよ」
といってくれたその言葉がうれしかった。

今回は、数日で治る病気だから全く問題にもならないけど
もし治らない病に陥ったとしたら
もし相手が痴呆症になれば
長年寄り添ったパートナーを認識できなくなるかもしれない。
つまり
一方的な看病が始まるということです。
自分のペースで物事ができなくなるどころか
自由な時間をも奪われる辛さ。

看護者の負担たるものはものすごいことが想像できます。

もしそこに「ありがとう」の感謝の言葉が聞けたら
どんなに励みになるだろうか。

高齢化、未婚化などが社会問題になっている現代。
年老いた母親が同居の息子による虐待が起こっている現実。




元気だからできる看病。
でも、元気だけではできない。
看護者の支えとなるのは何なのか。

今注目されている”絆”という言葉。
夫婦、家族の情緒的関係が求められるのではないでしょうか。
これまでの”思い出”という精神的支えが大切になるのかも。


神様の前で「一生添い遂げます」とお約束した以上・・^^。





Ciao! by コポ


癒される街
金沢市田上本町朝霧台





| 未分類 | 11:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://asagiridai10.blog129.fc2.com/tb.php/255-e60d4102

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT